NPO法人SEAN 掲示板

他団体のイベント情報を載せていきます。
情報は、メールでご連絡ください。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

子ども文化地域コーディネーター
2011/10/03

http://www.kodomo-bunka-co.org/

◆「子ども文化地域コーディネーターの資格を取得しませんか?

2011 秋 マンスリーセミナーが10月13日(木)がスタートします。
月2回、平日の夜間に開催するセミナー。

全6 回の受講で、子ども文化地域コーディネーターの資格取得のための4 単位を取得することができます。総合的で実践的、学術的に学べるカリキュラムです。関係分野からの多彩な講師陣による、講義・演習・実習・ワークショップなど、経験・年代・男女を問わず、どんな方でも楽しんで学んでいただけるバラエティ豊かな内容となっております。

地域で活躍している方、子どもが大好きな方、社会貢献に興味がある方など奮ってご参加ください。

▼詳細・お申し込みはこちらから
http://www.kodomo-bunka-co.org/03_01.html

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-35-5 澤田第2 ビル5F
子ども文化地域コーディネーター協会  
TEL:03-3351-2130 

親子キャンプのお知らせ
2011/09/29

来る10月15日(土)〜16日(日)の 1泊2日
三重県にございます大阪市立伊賀青少年野外活動センターにおいて
特定非営利活動法人 本郷の家が企画運営する
親子キャンプを実施致します。

大阪市内から2時間ほどで見えてくるのは
野生動物が棲む豊富な自然。
夜、天気がよければ自然プラネタリウムが目の前に映しだされます。

また、キャンプ場とは思えないほどの充実した設備で参加者を迎えてくれます。
≪ 水洗トイレ・大浴場・食堂あり ≫

『自然体験が初めて』といった家族・親子に
ピッタリのプログラムを用意しております。

もちろん秋ならではの自然を楽しむものも用意しております。
詳細は添付ファイルをご覧ください。

ご参加お待ちしております。

******************
特定非営利活動法人 本郷(もとさと)の家
http://motosatonoie.kilo.jp
〒582-0001 大阪府柏原市本郷5-1-12
TEL/FAX 072-971-2073
******************

性暴力被害当事者と共に生きるために
2011/09/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワークショップ
性暴力被害当事者と共に生きるために、今、ひとり1人にできること
http://www.osakavol.org/01/seminar/110924action.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メッセージ
 他人の痛みを感じる力とジェンダーについての気づきがあれば、
 あなたも大事な支え手の一人になれる
■日時:2011年9月24日土曜日13時00分〜16時30分
 ※受付12時50分〜
■会場:クレオ大阪中央 研修室2(大阪市天王寺区上汐5-6-25)
 http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
■参加費:1,000円(資料代等。当日、受付にて徴収します)
■定員:40人(先着順。定員になり次第、締切ります)
■こんなあなたの参加をお待ちしております
 ・傷ついた人や生きづらさを感じている人を
 「一人にしない社会」に貢献したい方
 ・「セクシュアルハラスメント」「性暴力」
 「傷ついた人を支える」「被害者にも加害者にもならない」
 などのキーワードが心に響いた方
 ・ワークショップのテーマや内容に関心をもたれた方 など
■内容とファシリテーター:
 13時00分〜 はじめに:菅沼友子(クローバーの会/弁護士)
 13時10分〜 Session1:遠矢家永子(SEAN)
  〜「被害者にも、加害者にもならないために知っておきたいこと」
 14時50分〜 休憩
 15時00分〜 Session2:永井美佳(大阪ボランティア協会)
  〜「あなたのアクション、私のアクション」
 15時50分〜 おわりに:菅沼友子(クローバーの会/弁護士)
 15時55分〜 事務連絡・アンケート回答
 16時00分〜 休憩
 16時05分〜 活動希望者相談会:永井美佳(大阪ボランティア協会)
 16時30分  終了
 ※内容はおおよその流れです。
○メッセージ(続き)
 世の中で起きているさまざまな問題は、
 どこかで私自身とつながっているとしたら…。
 問題の背景や真相をたどっていけば、
 他人事では片づけられない事実と出あうかもしれません。
 その事実に出あったとき、私には関係ないと他人事にしたり、
 見過ごしたりしますか?
 どちらかといえば、自分が同じ立場に立ったときのことを
 想像できる私でいたいし、傷づいたり、困ったりしている人の存在に
 思いを馳せられる私でありたい。
 その方が、きっと社会とのつながりを実感できる…
 そんな風に思うことってありませんか?
 そう感じる力のあるあなたとご一緒したいのがこのワークショップです。
 「性暴力被害当事者と共に生きるために、今、ひとり1人にできること」をテー
マに、
 被害者にも加害者にもならない社会をめざして、人権、セクシュアルハラスメ
ント、
 性暴力、被害者と加害者の視点や構造的理解が進むよう、
 参加型でワークショップを進めます。ぜひ、ご参加ください。
○Session1 被害者にも、加害者にもならないために知っておきたいこと
 ファシリテーター:遠矢家永子さん/NPO法人SEAN(シーン)
http://npo-sean.org/
 かけがえのない私の“こころ”と“からだ”が、自分の手から奪い取られ、
 他人から搾取されるのが性暴力です。二次被害*を起こさないために、
 また暴力を許さない社会を築いていくために、私に何ができるでしょうか?
 まずは、一人ひとりが持つ大切な人権や尊厳について、
 そして暴力の構造について考えます。
 *二次被害:加害者が引き起こした性暴力被害を被害者の問題にすりかえること
など
○Session2 あなたのアクション、私のアクション
 ファシリテーター:永井美佳/大阪ボランティア協会 http://www.osakavol.org/
 性暴力被害者の支援活動に参加しているボランティア2〜3人の活動経験談を
聞きます。
 お話を参考に、被害者にも加害者にもならない社会に向けて、
 参加者それぞれのアクションについて考えるきかっけとします。
■主催:
 性暴力被害者を支援する会(クローバーの会)
 大阪ボランティア協会
■申し込みはこちらから!
 http://www.osakavol.org/01/seminar/110924action_form.html

2011年 保育ワーカー養成講座
2011/02/24

イコーラム「子ども室」の保育にかかわる「ジェンダーの視点を持つ保育ワーカー」を養成する講座
です。子どもの権利・大人の責任力について学びます。
 受講後は、「くれよん」の会員となり「保育ワーカー」として、また、出張保育やベビーシッターなどの
相互支援の活動をすることができます。

* 日時・内容 (時間は両日とも 9:50〜11:50)
3月2日(水) 大人が持つ力 @ 
 〜子どもの権利ってなんだろう? 〜
3月8日(火) 大人が持つ力 A
    〜異なる家庭背景に必要な支援とは?〜 

講師: 遠矢 家永子 (NPO法人SEAN 教育部門「G-Free」代表)

*定員:20名(先着順・2日間受講の方優先となります)
*場所:東大阪市立男女共同参画センター・イコーラム  第1研修室
*申込み方法:講座名・住所・氏名・TEL/FAX番号等を記入の上、FAX・メールにて申込み下さい
*対象/定員:子育て・相互支援に関心のある方
*受講料:無料
*問合せ:NPO法人SEAN サポート部門「くれよん」
080−3846−9930 又は 072−684−8584(中村)まで
*申込先: FAX072−963−2045
       e-mail :station@npo-sean.org    携帯mail:ikoramuteam@softbank.ne.jp

NPO法人SEAN(シーン) サポート部門「くれよん」とは
・NPO法人SEANは 大阪府高槻市を中心に、1997年保育サポート事業を
主軸として結成し、2001年法人格を取得した非営利活動団体です。
・サポート部門は、NPO法人SEANの自立支援事業の一つで有償スタッフに
よる一時保育、生活支援などを行っています。
・「くれよん」は2008年に発足・イコーラム「子ども室」の保育を東大阪市より
業務委託 2010年より出張保育・相互支援活動等を開始しました。

人権講座「子どもを被害者・加害者にしないで」
2011/02/24

日 時 :平成23年2月26日(土)
場 所 :高槻市立総合市民交流センター5階 視聴覚室
対象者 :中学生以上の市民
募集人数:50人(申し込み順)
講 師 :NPO法人 シーン事務局長 遠矢 家永子
参加費 :無料

内 容 :
子どもが被害者にも加害者にもならず、強くやさしく生きていくために、大人はどんなかかわり方をすればいいのでしょう。子どもを取り巻く現状や課題を見つめ、今からできることを一緒に考えます。

::: 申し込み方法 :::
平成23年1月26日(水)受付開始
受付時間:午前9時〜午後9時まで
電話・窓口にて受付(申し込み順)
1)氏名(フリガナ)
2)年齢・学年
3)電話番号   をお知らせください。

問い合わせ〒569-0804 高槻市紺屋町1−2
高槻市立総合市民交流センター6階 青少年センター
TEL 072−685−3724

--------------------------
主催 高槻市教育委員会 青少年センター
企画協力 NPO法人シーン
青少年センターHP http://www.city.takatsuki.osaka.jp/bunka/seisyounen/

第3期GCR@SEAN認定講座
2011/01/07

次世代の子どもへの大人の責任力!

「Gender-Sensitive」とは一人ひとりの こころ と からだ を大切にするために、ジェンダーの視点に敏感になること

子どもの育つ権利を保障するために、ジェンダーの視点・大人の責任を学ぶ12時間充実の認定講座

目の前にいる子どもたちの育ちに、責任を持ちたいあなたにおすすめです!!
(保護者・教師・保育従事者・スクールカウンセラー・チャイルドラインサポーターなど)、

2011年 3月12日(土)13日(日)

◆ 会 場:12日(土)高槻市立総合市民交流センター4F 第4会議室
  13日(日)高槻市立生涯学習センター3F 第1会議室

◆ 受講料:12,000円

◆ トレーナー:遠矢 家永子(NPO法人SEAN 教育部門「G-Free」代表)

◆ 定員:20人

*修了認定証(ID番号入りカード)が発行されます

*修了生はSEANの保育スタッフ・出前授業ワークスタッフとして登録できます

*昼食は各自ご用意ください

◆現認定者 26人
  少人数のグループで、意見を出し合いながら考えを深める。答えは自分の中にあり、自ら見つけ出していく。
 互いを受けとめ合える心地好い講座で、充実した2日間でした。(第2期修了生)

子どもの性的自立と性的環境
2011/01/07

子どもの性的自立と性的環境

現状報告&激論!!日常化する性情報 規制?/ 自由?


2011年 2/6(日)
◆会 場 大阪府立男女共同参画・青少年センター大会議室
     (大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
◆時 間 13:30?16:30
◆参加費 1,000円
*お申込み・お問合せは裏面をご覧下さい
【報告】
 ◆SEAN発:子どもの性意識と性情報 遠矢 家永子
 ◆APP発:ポルノと子ども被害の実態 金尻 カズナ
【パネルディスカッション】
 激論!!「有害図書規制」と「表現の自由」
 コーディネーター 小川 真知子(SEAN理事長)
 パネリスト    中里見 博(ポルノ・買春問題研究会)
          森田 成也(ポルノ・買春問題研究会)
          佐倉 智美(SEAN理事)
          遠矢 家永子(SEAN副理事長・事務局長)
子どもたちを守りたい!性的リテラシーを育むには...
 SEANは法人設立から、ポルノ・買春問題研究会(APP)は結成から、ともに10周年を迎えることとなり、協働による記念イベントの開催を企画いたしました。
 SEANの調査による子どもの性意識や子ども取り巻く性情報、APPの調査による子どもが被害者となるポルノなどの報告の後、「有害図書規制」と「表現の自由」、子どもの性的自立を育むために必要なこととは、それぞれの立ち位置での議論・激論を予定しています。
 子どもたちが自分の性を主体的にそして豊かに生きられるようになるために、大人であるわたしたちは今何をなすべきなのか。会場のみなさんと共に考えます。たくさんの参加をお待ちしています!
ポルノ・買春問題研究会(APP)は各分野の専門家および運動家が集まって、1999年12月結成されました。
関東を拠点に、ポルノ被害、売買春などの実態調査、論文資料集の発行、講師派遣などの活動に取
り組んでいます。
NPO法人SEANは保育サポートを主軸に1997年に結成し、2001年法人格を取得しました。大阪高槻を拠点に、ジェンダーやセクシュアリティ等に関する出前授業を提供し、「性」や「ジェンダー」に関する意識調査などに取り組んでいます。

草加市民のネットワークから学ぼう
2010/12/11

SEAN法人設立10周年記念企画 第1弾  

-- 市民自治力を高める --
草加市民のネットワークから学ぼう

✿日 時  12月11日(土) 午後1:00〜4:30
✿会 場  高槻市立総合市民交流センター5階 視聴覚室
         (高槻市紺屋町1−2 JR高槻南口下車すぐ)
✿資料代  500円
✿保育あり 800円(きょうだい2人目からは500円・要申込み 締切12/3(金)まで)


「自治基本条例」とは、市民自治による自治体運営の基本原則を定めた条例のこと。2001年4月北海道ニセコ町の「ニセコ町まちづくり基本条例」が制定されてから、「自治体の憲法」ともいえる自治基本条例が全国各地で施行され始めました。市民協働の仕組みやNPOへの支援などが謳われている条文も多く、全国では183の自治体で、大阪府内では10市の自治体で制定されています。(2010年3月現在)
埼玉県草加市の「草加市みんなでまちづくり自治基本条例」は2004年(全国38番目)に制定され、まちづくり登録員による「みんなでまちづくり会議」の設置が盛り込まれ、まちづくり計画の提案や、条例運用の監視などを市民の手で行っています。今回、草加市まちづくり懇話会の座長であり、NPO法人みんなのまち草の根ネットの会 会長の宮本節子さんにお越しいただき、市民のネットワークと行政との協働によって実現した条例ができるまでの経緯や思い、これからの展望などをお話いただけることになりました。
まちをこよなく愛し、まちづくりに熱意と力を注ぎたい市民のみなさんの参加をお待ちしています。

スケジュール
1:00 開会
1:05〜2:05
基調講演
「みんなでまちづくり自治基本条例」ができるまで
宮本節子さん(特定非営利活動法人 みんなのまち草の根ネットの会 会長)
2:05〜2:40 質疑応答

<休憩>

2:50〜3:20
SEANまちづくりスタッフによる調査報告
大阪府内自治体の自治基本条例&質疑応答
3:20〜4:20 自由参加懇談会
4:30 閉会

<問合せ先> NPO法人SEAN(シーン)事務局(月〜金10:00〜17:00)
〒569-0095高槻市八丁西町1-20 八丁西ビル Tel/Fax 072-684-8584
e-mail station@npo-sean.org URL http://www.npo-sean.org
<企画> NPO法人SEAN まちづくりプロジェクト
*SEANは高槻市を中心に「すべての人がありのままを大切にされ活かされる社会」をめざし、
保育などの支え合い、子どもへの人権教育・講演活動等を行っているNPOです

小学生が考える女の子男の子
2010/11/13

■クレオ大阪東フェスタ*クレオエンカウンター制度事業報告   
〜アンケート結果からみる教育の必要性〜

時間 2時〜4時 報告:遠矢(とおや) 家永子(かえこ)(NPO法人SEAN教育部門「G-Free」代表) 
会場 大阪市立男女共同参画センター クレオ大阪東1階 会議室
(財団法人大阪労働協会)〒536-0014大阪市城東区鴫野西2−1−21 TEL 06-6965-1200 FAX 06-6965-1500 


2009年度高槻市教育委員会との協働で、小学校5校でジェンダー意識調査と、DVD教材を活用したジェンダー平等教育出前授業を実施しました。そのアンケート結果等をまとめ、2010年度クレオエンカウンター制度事業として報告書を発行する予定です。
その内容を報告するとともに、今どきの小学生をとりまく現状や課題について報告し、教育の必要性や可能性についてともに考えます。
また、授業で活用したDVD教材「わたしもボクも☆みんな活き活き」(18分)も視聴していただく予定です。                   

「育ちの環境力〜子育て支援のもつ
2010/10/30

子育て支援者向け研修事業<大規模研修会> 

「育ちの環境力〜子育て支援のもつ
多様性(ダイバーシティ)を認識する〜」

多様化する価値観や家族形態など、子育て現場での利用者のニーズは拡大し、支援者に求められるスキルも高くなっています。

子育て支援には、子ども・家庭・地域を含めた「育ちの環境」への積極的な支援が求められています。

本研修では、子育て支援を様々な角度から捉え作成した
「子育てNPO研修ノート」を活用して、支援者に求められるような技術やより専門性の高いスキル獲得のため
‘きづく’‘かかわる’‘つなぐ’ちからに着目し、
ワークショップを実施します。

■開催日時:平成22年10月30日(土)10:00〜16:30
■会場:TKP大阪梅田ビジネスセンター 16F
    (大阪市福島区福島5-4-21)

■アクセス:
JR「大阪駅」,阪急「梅田駅」,地下鉄四つ橋線「西梅田駅」から地下道通り[6-2番]出口すぐ
JR「福島駅」徒歩2分、阪神「福島駅」徒歩5分、JR東西線「新福島駅」徒歩5分

■参加費:無料
■定員:100名
■対象:地域において子育て支援活動を展開しているNPOの活動者・ボランティアスタッフや保育士、学生など子どもや子育て支援に関心のある方々

■一時保育あり:無料(定員20名)※要事前申し込み(10/22締切)

■主催:財団法人こども未来財団・NPO法人関西こども文化協会

■後援:文部科学省、(社福)全国社会福祉協議会、大阪府、大阪市、堺市、(社福)大阪府社会福祉協議会、(社福)大阪市社会福祉協議、(社福)堺市社会福祉協議、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、堺市教育委員会

※参加者全員に“子育て支援の基礎知識と実践に役立つ”「子育て支援者研修ノート」を差し上げます!

■プログラム
□シンポジウム(10:00-12:00) 
「子育てNPO支援者に必要な‘ちから’とは」
【コーディネーター】
小崎恭弘氏(神戸常盤大学短期大学部幼児教育学准教授)
【シンポジスト】
大島美佐子氏(関西学院子どもセンター地域の子ども・子育て支援事業 さぽさぽ 職員)
遠矢家永子氏(NPO法人SEAN副理事長・教育部門「G-Free」代表)
野尻紀恵氏(茨木市教育委員会スクールソーシャルワーカー/神戸常盤大学短期大学部幼児教育学専任講師)
荒井大作氏(大阪府福祉部子ども室子育て支援課 課長)

□研修ノート活用ワークショップ(12:45-16:30)
1.きづくちから「子どものエンパワメント術 〜育ちのなかの人権を保障するために〜」
講師:遠矢 家永子氏(NPO法人SEAN副理事長・教育部門「G-Free」代表)

2.かかわるちから「親を尊重するコミュニケーションスキル〜『接遇マナー』技術を身につける〜」
講師:大島 美佐子氏(関西学院子どもセンター地域の子ども・子育て支援事業 さぽさぽ 職員)

3.つなぐちから「子育て支援と地域社会〜ネットワーキングの必要性〜」
講師:野尻 紀恵氏(茨木市教育委員会スクールソーシャルワーカー/神戸常盤大学短期大学部幼児教育学専任講師)

□まとめ:小崎 恭弘氏(神戸常盤大学短期大学部幼児教育学准教授)

≪お申込み・お問い合わせ≫
NPO法人 関西こども文化協会 
TEL:06(6460)1621         
FAX:06(6460)1628
Eメール:office@kansaikodomo.com
ホームページからもお申込みいただけます!
http://www.kansaikodomo.com

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -