ジェンダーのとらわれとは?ミッション事業内容会員になるには団体概要アクセス

G-FreeG-Free

『子どもたちが考える 女の子と男の子』▼調査報告書を読み解く▼

 

2011yomikomitirasi.PNG

2011読みこみ会チラシ.pdf    NPO-SEAN G-Free Presents 2011
                  ▼▼調査報告書を読み解く▼
『子どもたちが考える 女の子と男の子』

高槻市立小学校5校3?4年生の子どもたちのアンケート意識調査の結果をもとに、今を生きる
子どもたちのジェンダー(性別役割)意識や課題について参加者のみなさんと考えます。


☆ スケジュール ☆
日 程... 4つの「なぜ?」 .....(会  場)
5/9 ...今度生まれるとしても、男子は「女」を選ばない?! 
.......(
高槻市立総合市民 交流センター 第2会議室)
5/16.. 「男(女)らしく」なければ、いじめられる?! 
.......(高槻現代劇場 集会室202号室)
5/23..女子はパティシエ、男子はスポーツ選手になりたがる?! 
.......(高槻現代劇場 集会室202号室)
5/30.. 中学生男子は、「助けて」を言わない?! 
.......(高槻市立総合市民交流センター 遊の工房)

◆ファシリテーター: 遠矢 家永子(NPO法人SEAN教育部門「G-Free」代表)
◆運営協力費: 各回500円(茶菓子代含む)
*報告冊子を希望する方は800円が必要です(全会共通)
◆日  時 : 5月の毎月曜日 10:00?12:00
◆定  員 : 10名
◆後  援 : 高槻市(申請中)

NPO法人SEANは1997年保育サポート事業を主軸に結成し、2001年に法人格を取得した非営利
市民活動団体です。教育部門「G-Free」では、ジェンダーの気づきを通して子どもたちをエンパワメントし、
違いを尊重し合える非暴力な関係づくりを学ぶための人権教育プログラムを提供しています。

感想から

▼SEAプログラム参加者の感想から

  • 人は決して、誰かが決めたジェンダーにとらわれる生き物ではなくて、人それぞれが尊重し合って生きていく生き物であると思った(中学生)
  • 僕は今日は何度も男の子と女の子のことをいろいろ分かりました。友だちがいじめられて泣いていたら、なぐさめたいです。僕はいやなことがあったら家の人や先生に相談します(小学生)

▼教育セミナー参加者の感想から

  • 学校は閉ざされた世界で、社会の情報をたくさん取り入れたい。教員以外の講師が来てくれることはすごく刺激になる(教員)
  • まだまだ、日頃自分にも「決めつけ」ている部分があるのではと改めて考えさせられた。どんな切口であろうと、ひとり一人の「生き方」にせまることは子どもたちにとってとても大切。今後もジェンダーに関する人権教育に関心を持っていきたい(教員)

中高校生及び大人対象内容

(1)性別による期待の違いと社会構造
 [グループワーク]→性別の境界線をはずし、ありのままの自分を生きる
(2)『女・男の役割による考えと行動』『自分の意志による考えと行動』
 [ロールプレイ] 多様な将来の選択肢
(3)多様なセクシュアリティ
 [ロールプレイ] 「同性愛者」への偏見・差別と暴力
 からだ:インターセックス  性自認:トランスジェンダー
 性指向:ヘテロセクシュアル・ホモセクシュアル・バイセクシュアル
  *「性」は単純に2分化できない
   *「性」を2分化した中でおきる、「性」の商品化と性暴力
(4)『女・男の役割による考えと行動』『自分の意志による考えと行動』
 [ロールプレイ] 「暴力」の連鎖
 女、男の性役割による『男の強さ』『女の優しさ』と、人としての『強さ』『優しさ』

SEAプログラムのすべての権限と責任はNPO法人SEANが持っています

SEAプログラムの実施目的

 ジェンダー(社会的・文化的につくられる性差)による抑圧・偏見や先入観への気づきから、将来の可能性を広げ、多様な生き方を尊重できる力を育み、自尊感情を高めることを目的とした人権教育プログラムです。

<SEAプログラム>

SEAプログラム公立幼稚園実施

▼未就学児対象

  • 対象 幼児〜小学生低学年
       教職員及び保護者
  • 基本所要時間 2時間
     40分(子ども対象)+80分(大人対象)
  • 内容
     パネルシアター
     「女の子・男の子 どっちがどっち?!」他
  • 参加人数 子どもは10名〜20名
  • スタッフ 1〜2名

▼小学生対象

  • 対象と所要時間
     1〜4年生:45分/5〜6年生:45分×2時限
  • 内容 (1)女の子・男の子の違うこと、同じこと
       (2)感情の肯定と表現 など
  • 参加人数 1クラス単位(40名まで)
  • スタッフ 2名

SEAプログラム公立中学校実施

▼中高校生及び大人対象

  • 対象 中高校生及び大人
  • 所要時間 100分(2時限)×2日
  • 内容 下記参照
  • 参加人数 1クラス単位(40名まで)
  • スタッフ 3名
    • 対象 PTAや教職員及び子どもと関わる大人
    • 所要時間 2時間
    • 内容 
      ジェンダーに関する人権教育の必要性と子どもたちへの出前授業の実際
    • 参加人数 10〜150名
    • スタッフ 1〜4名

    *ワーク料
    20,000円〜30,000円(交通費別/応相談)

SEANオリジナル SEAプログラム

SEAプログラムロゴ

〜子どもたちを被害者にも
   加害者にもしないために〜

セルフ‐エンパワメント・多様性・非暴力

▲ページトップへ

NPO法人SEAN officalホームページ
事業内容
会員募集 イベント情報
サポート部門「とんがらし」
G-Free・講師
子どもへの責任力GCR@SEAN
生きがい工房
SEANストア
かえこのちょっと言わせて
ブログ:人として強くやさしく
ブログ:スタッフブログ
掲示板:他団体のイベント告知など
関連団体の紹介
(月〜金 10:00〜17:00)
〒569-0071
大阪府高槻市城北町1-1-14
太田第二ビル3F
TEL/FAX 072-669-7411
メール station@npo-sean.org

sarlogo.gif?.gif social_action.gif?.gif